2020年10月1日、国立研究開発法人理化学研究所、株式会社理研鼎業、株式会社JSOLの共同出資により、株式会社理研数理を設立致しました。
理研数理は、アカデミアとビジネスの共創プラットフォームをコーディネートして、未知のDXバリューを発信して参ります。

私達を取り巻く環境は、COVID-19や高齢化等々、多くの問題に溢れていますが、「科学」の力は、困難を克服し、素敵な未来を出現させると信じています。
理化学研究所のサイエンティストや知財、「富岳」に代表されるスーパーコンピュータは、新しい世界を広げ続けています。
この可能性をビジネスに繋ぎ、次の産業革命を誘発していくことが、理研数理のミッションです。

但し、「産学の谷」を渡るためには、多種多様なキャリアを持つ人財にてサロンが形成されることが必要です。
理研数理は、事業会社として安定的な経営基盤を維持・成長させていきますが、自らが肥大化することを目的としません。
Society5.0を、自らデザイン&実現したいと考える開拓者へ、先進の機会を広く提供していきます。

皆様と、未来パートナーになれることにワクワクしながら、日々邁進して参ります。
理研数理から発信されるメッセージに、是非ご期待下さい。

事業概要ご紹介

理研数理が実現する未来の姿は、以下の4点となります。

1.産学両方向の人財還流を通じて、双方の価値を相乗的に向上させる
  ・・・ 社会全体に、先進・高度な数理技術者・データサイエンティストを輩出する

2.基礎・応用研究の融合を、経済的価値にリンクさせることで増進させる
  ・・・ 社会広範に繋がる研究テーマを開拓し、新たな学術領域を産出する

3.新規発明知財を活用した新たな事業領域(事業会社)を増産する
  ・・・ 社会共通のイノベーション基盤として、次世代へ挑戦機会を提供する

4.事業活動の成功を通じて、研究者の処遇を改善する
  ・・・ 社会のサステナブルな発展に寄与する中核機能として、「研究・開発(活動)」を育成する